FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018年5月27日(日)


       結婚Congraturations (おめでとうございます)。!!

           良き人生を歩んでください。


[広告] VPS







 [広告] VPS


  


スポンサーサイト
2018.3.29
5月6月並みの気温だそうです

IMGP3931.jpg


富雄川辺の桜並木

何か、とても狂い咲いている。



   各地でニュースが囃し立てる

  


IMGP3901.jpg


             ・・・べつに、良いけど・・・・


IMGP3909.jpg



  ーーーーーーーーーーーー


ところで、

うちのベランダに、

2年越しで初めて、ツバキの花芽がついて、ピンク色に染まりました。


IMGP3944.jpg


父が育てていたこのツバキの親たちは、

父の死後も、誰も居なくなった実家で、毎年、みごとに咲き誇っている。


2年前、その枝の一部を手折り

持ち帰って植木鉢に、それこそ突き刺した、だけのものでしたが

彼女はそのDNAを確実に引き継いで、そこに居る


・・・・・・まるで、父がそこに居るようだ


IMGP3947.jpg





ともすれば、根無し草と思いがちな自分にも、
長く長くDNAが続いているんですよね。







 ・・・・・・・花の精が、もの想わせる、春・・・・・。











今日は、西暦2048年1月(96才)
晴天の小春日和

    あれは、今から、30年前の2018年1月14日(66才)でしたっけ

    大学で、混声合唱団CCDが設立されて70年目、(だから今年は丁度100年目)

    周年記念としてOB/OG/現役による「ハイドン 天地創造」が、

    「ローム・シアター京都」で披露されたので、私も聴きに行きましたね。


      そこは、更に遡ること46年前の1972年頃(20才過ぎの頃)

      私も、その舞台に立ったところのようです?。その頃は、「 京都会館 」。

      岡崎の平安神宮を西にまがって・・・・・・・

      ・・・・・・全く、思い出せないまま



平安神宮IMGP3651


かわと山MGP3655




川沿いで、大きな鳥が身動きしないで、写真に納まってくれました・・・「よう来たね」

オオトリ2IMGP3662




胸をふくらませた鳩3匹・・・「・・・誰?」

ロームシアター3IMGP3659


ロームシアター5MGP3666



立派に改装されたので、よけいに思い出せません




ロームシアター7IMGP3669


ロームシアター8IMGP3670



邸内の東向きには、雪を頂いた山々が、借景を拡げていました。




ロームシアター9IMGP3674

ロームシアター10IMGP3675




演奏会終了後、千人以上がごった返すロビーでは、それぞれの再会がありましたね。


再会3IMGP3681




     その後、京都らしいとても渋い建物に上がって、二十数人で「同期会」でしたね。

     室町通り高辻下がる、創作料理「おすし希味(のぞみ)」

     表には、名前のない白い暖簾しか掛かっていなくて

     漆黒の中、2階の座敷らしい所から、橙色の明かりだけが漏れていました。




厨房IMGP3684


料理1IMGP3686



お酒の酔いもまわり、3時間程が、それなりに楽しく過ぎ去りましたね。


   
天井IMGP3688





     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



     もう今は、私もいませんが、



      時代は、まだ続いているようですよ。



     ♫♫  そんな時代もあったねと

              いつか話せる日がくるわ

         あんな時代もあったねと

              きっと笑って話せるわ

         だから今日は くよくよしないで

              今日の風に吹かれましょう  ♫ ♫ 



                                  
         ーーーーーなんちゃって!!!!!----- 




  追記:

          ところで、勝平くんから頂いたCD


          「十の詩曲」ロシア語 版

          
          結構、感動ものですわ。ホント。

             

2018.1.10
寒くて、やりきれん

この足掛け2年、マンション理事会長やら大規模修繕関係で、鬱陶しくてかなわない。

一つのことが、鬱陶しいと、他のことに気が向かない、困った性分。

     ・・・折角の、先行き短い還暦リタイアーが台無しである。

     ・・・10か月ぶりブリブリブログ。気負わずに流しましょう。



「所感ノート NO.8」とはいえ、最近、感度が鈍っていて

というか、最近、世界中、もうどうにでもなれば?みたいな空虚感がまとわりつく。

             齢のせいかな?


(1)土鍋で飯を炊く楽しみ

  先月、炊飯器壊れた際、「炊飯器でなくともご飯炊けるんだよナー」

  土鍋で炊いてみた。

  ①米を水に浸して30分。②米1合に水150cc

  (あと、米1合増やすごとに水150cc追加)③強火で約7分

  ④吹いてきたら、即弱火にして約8分⑤火を止めて30分蒸らす。

  出来たやん!! 歯ごたえ、風味、形、色合い、申し分なしです。

             ・・・ 断然、美味しい。



  ちなみに、メステインのキャンプ用飯ごうを、取り寄せて炊いてみたら
  完璧!!!!!これでいつでもキャンプ持参OK。

メステイン2号飯盒IMGP3513
   
  調子づいて、ホームセンターで、3合用の炊飯」土鍋を買ってみたら

  これまた、美味しい。

土鍋ご飯IMGP3526

  ところで、何が楽しみかと云うと、美味しいのはともかく

  ーーー全工程に携わることの、充実感ーーーである

  30分も水に浸して米をふやかせる、手動で強火から弱火まで調節する、

   弱火のところで、匂いを嗅ぎ焦げを防ぐ、フツフツと音を聴き分け、

   蓋を開けずに、仕上がりを推し量る

   火を止めて30分土鍋の中で蒸らし

   最後にふっくらを確かめるこの豊饒な感覚。




(2)「文語」混じり小説の心地よさ

  このところ、明治モノが心地よい。 国木田独歩、徳富蘆花、島崎藤村、

  夏目漱石もそうだが、漢文・古文・やまと言葉のまじった文章は、

  口触りも良く、とにかく美しいと思う。

  たまに、英語の格言が書いてあったり、オシャレだね。

  全て、「言文一致」にすることもあるまいに。

    だから、小椋佳の歌は、豊かで魅力的なのでしょう。




(3)「 盾 」 の得意な人たち

  沖縄は日本の盾。日本はメリケンの盾。メリケンはユダヤの盾?

  韓国もメリケンの盾。・・・・・・・・ほぼ核付き。

  鉾(ほこ)は何?

  後に、強欲とかグローバルとかに化けた、資本の増殖怪獣

  これを彼らは、「自由」という名に置き換えて憚(はばか)らない

  対峙する東アジア大陸が

  社会主義であることは、冷戦の時から基本的に変わっていない。

  冷戦構造の継続。

  朝鮮半島がベトナムのホーチミンのように、「民族主義」に接続すれば、

  一挙に片が付く気がする。


            その時、日本の彼は、何をする気なのでしょう。

            「 盾 」は、何のため。

            明治期の、「脱亜入欧」のツケが、今、来ている。


               




(4)自由・平等・博愛という、

     さかしらな、「思い」。

       天下泰平・五穀豊穣・万民快楽(けらく)という

          則天自然の基礎。




(5)自動運転車よりも、盲導犬ロボットも、良いと思う。

  でも、儲からないか・・・。





(6)寝袋炬燵(こたつ)

  
  先日、グランフロントにあるモンベルで、化繊の井3レベルの3シーズン用寝袋と

   トレッキング兼用の丈夫な靴を購入しました

   でも、旅に出られないから、小机前で炬燵のように使っています。

    結構、暖かい。

寝袋炬燵MGP3534





(7)わたしは、幼稚?

   戦勝国は、過去ケタはづれの、原水爆実験をくりかえし

   今もケタはづれの、原水爆を保持していて

   その他の君たちは、レベルが低いから、ダメっという表現・・・・・あり?

     ・・さも当然の体で、どの口が、云うのでしょう?

     ・・まず、「こんなことになってしまって、ゴメンナサイ」というべきでしょう。





(8)ミスタークーさんが、昨年、初めてリサイタルをされました。

   作詞・作曲・歌唱を数十年かけて、数百曲も手掛けて、

    継続は力なり!

ミスタークーIMGP3428





               ブログ編集後記:

    
         ・・・・・・・・・・・力入ってないですね。

          ・・・・・・・・・・・・・・テヘヘ。 🐢🐇








2017年3月1日(水)

昨日・今日と、清々しい青空。たまに冷気がキュンとくる、ややこしさの残る季節。


ゆきけしきIMGP2569
<2月の雪景色>



今日は、久々に「所感 ノート N o.8」を書こうと思っていたのですが、

   また今度。



実は、


昨年の演奏会オーボエ感動から、自分で扱えるイイ楽器ないかなーと、

   ずっと、思いつつ過ごしてました。

条件は、本当にビリビリと琴線に触れ、綺麗な音を奏でて、

   哀愁も含んで、ある程度扱いやすく、一生付き合っていけ、

   自転車旅のお供に持ち運べる大きさで、お手頃価格!





先日、母を施設に見舞ったあと、たまたま立ち寄った楽器店で

     少し高級そうなリコーダーがあったので、試しに購入。

     高級そうなとは言っても、二千数百円・・・(笑)

         吹いてみたが、気に入らない。 ウーーーン !

         音に、風味が無いのです。 


   

ネットで、リコーダーをググッテいましたら、

一見(いっけん)クールで清楚な感じがする女性の、

オカリナ演奏の数々に、耳と目と全ての五感が釘付け!




その You Tube演奏に、2時間ほど聴き入ってましたでしょうか。

  宗次郎とは違った、清冽・豊潤・斬新・リズム・可憐が、

              ひしひしとやってくる。


      オーボエに負けてない ! 負けてない。

      やりたい !

      投稿名は、Ran Ocarina さん。

      本名、中原 蘭 さん、だそうです。

      ・・・・・・これや、これや !!!!



橿原にある楽器店にまで出向きました。

    オカリナコーナーに直行したのを見られてしまったせいか、

    見入っていると優しそうなお姉さんが、

     「よかったら、陳列ケースからお出ししましょうか?」
    
     「こういう楽器は、試奏出来ないですよねえ」

     「ご希望でしたら、アルコールでお拭きしますけど」

          ・・・・ヤッタ!


オカリナIMGP2591


アルトオカリナ 1万2000円+消費税

ソプラノオカリナ 1万2000円+消費税・・・・・と思いきや、

     ソプラノは、裏面の色が結構褪せているので、税込み8千円とか。

     迷いは吹っ飛び、2本一挙購入。

         

マンション隣家への迷惑を気にしつつ、

    ぼちぼちふいています。・・・これは、良い!
        
    一生を託せそうです・・・・と言っても、

          先は、それほど無いですけど・・・・・。




    自転車一人旅、天空の下、上手に吹ければ、楽しかろう。





ちなみに、Ranさんは、今年からCDデビューされるそうです。




     今年、再びの、オカリナブームがやってくる。。。。。。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。